web制作の情報発信ブログ

web制作の情報発信ブログ

きぬおラボ

ホームページの作り方を紹介|初心者も自分で作れる方法

2022-11-07

2023-01-15

ホームページを作る方法を紹介

企業のコーポレートサイト個人のポートフォリオサイトランディングページなど、さまざまな目的でホームページは存在します。

ホームページを作るにはどんな方法があるか、主要となっている制作方法を紹介します。

また、

  • web制作でフリーランスなどに転職したい
  • 社内でホームページが必要になった
  • ホームページ制作がどんなものか興味がある

といった悩み別のホームページ制作方法も紹介しています。

ホームページ制作に興味がある人は本記事をぜひ参考にしてみてください。

ホームページを作る5つの方法

ホームページは、「自分で制作する」「他人に制作を任せる」の2種類に分けることができます。

ホームページの制作方法を厳選して5つ紹介します。

  • 1. 有料のwebサービスを利用
  • 2. 無料のwebサービスを利用
  • 3. 制作会社にお願いする
  • 4. HTML, CSSで制作する
  • 5. WordPressでテーマ開発をする

1. 有料のwebサービスを使用する

webサービスに月額の費用を払って、ホームページを作成する方法です。

webサービスを使ったホームページ作成は、とりあえず一時的にホームページが欲しいなど、初心者におすすめできます。

パーツを直感的に配置したものがそのままデザインに反映されたりと専門知識がなくても形にできるところが魅力です。

  • 簡単な操作性
  • 自由のあるデザイン
  • 独自ドメインがある

上記の項目を満たせるようなwebサービスを使うことをおすすめします。

2. 制作会社にホームページ作成を依頼する

社内にwebの知識を持つ人がいないなど、自分たちでホームページを制作することが難しいときに使える方法です。

制作会社には知見を持ったデザイナーがいるので、理想のサイトのコンセプトや雰囲気を伝えることができます。

デザイナーやエンジニア、ディレクターといった人件費がかさむので、見積もり料金が高くなってしまいがちです。

ホームページの内容が具体的に決まっているなど、「こだわり」がある人は制作会社への依頼を検討してみてください。

3. フリーランスで活動しているクリエイターに依頼

個人で活動しているフリーランスに、ホームページ制作をお願いするケースです。

  • 個人なので価格が安価
  • 人で選ぶことができる
  • 継続的に関わりを持てる

など、個人に頼むことのメリットがあります。

年々フリーランスで活動している人も増えてきているので、「ちゃんと信頼できる人か」「コミュニケーションは問題なく取れるか」など、うまく関わっていけそうかどうかを確認してから制作依頼をするようにしましょう。

僕自身もフリーランスで活動していて、単発的・継続的に関係を持てるクライアント様を募集しています。

もしご興味がありましたら、ぜひご連絡をお待ちしています。

>> まずはオンラインで無料相談する

4. HTML, CSSなどプログラミングを勉強する

HTMLやCSS、JavaScriptといったプログラミング言語を学んでホームページを制作する方法です。

教本や動画教材など、プログラミングを学ぶための方法がたくさんあるので、これから技術を習得したい人は自分で勉強を始めてみましょう。

プログラミングの勉強方法に関しては、下記の記事で詳しく解説しているので、興味があったら合わせてご覧ください。

>> 初心者におすすめのプログラミング勉強方法

5. WordPressのテーマを開発する

WordPressサイトはブログを発信する予定がある個人ブロガーや企業に人気です。

自分でWordPressを扱うようになるには、WordPressのテーマを開発できるようになる必要があります。

さきほど説明したHTMLやCSS、JavaScriptに加えて、「PHP」「WordPress」の勉強が必要になります。

WordPressサイトはHTML,CSSで作る静的サイトより難易度が少し上がるので、今後も継続的にWordPressを触る予定がある人は挑戦しても良いでしょう。

補足:僕はHTML,CSS,JavaScriptを学んでから、PHP,WordPressの勉強をしました。

悩み別のホームページ制作方法のおすすめ

ホームページの制作方法について紹介しました。

実際にホームページを作ったり、運用したりすることを考えている人に向けて、実際にどの手段を選んだらいいか悩み別の制作方法を紹介します。

  • フリーランス・制作会社に転職を考えている
  • プログラミングに興味を持っている
  • ブログを自分で作ってみたい

1. フリーランスや転職を考えている

webサイト、ホームページ制作を仕事にしたいと考えている人には、「WordPressのテーマ開発」がおすすめです。

WordPressを使ったwebサイト制作は今でも案件が多いので、使えるようにしておくべきです。

投稿一覧ページや投稿詳細ページ、などWordPressで自分のポートフォリオサイトを作ってみてください。

最初はWordPressのタグの使い方やプログラミング言語の習得に時間がかかりますが、テーマを完成させたときにはコーダーとしての力がそれなりについているはずです。

テーマといっても難しく考えずに、無料テーマなどのデザインを参考にして、表示崩れなどがない最低限のポートフォリオを作ってみてください。

2. プログラミングに興味がある

プログラミングに興味があり、ホームページ制作のことを知った人は、HTML, CSS, JavaScriptで簡易的なホームページを作ってみましょう

ホームページ制作をきっかけに「アプリ開発」や「バックエンド開発」など、視野が広がる可能性があります。

JavaScriptをゴリゴリ書いているうちにフロントエンドの楽しさを知り、フロントエンドエンジニアのキャリアを目指す。プログラミングを学び始めると、いろいろなキャリアが見えてきます。

まずは手を動かして簡易的なホームページを作ってみましょう。

3. ブログのサイトデザインを作りたい

自分でブログのサイトデザインを考えてみたい人は、WordPressのテーマ開発を学びましょう。

多くのブログはWordPressの機能を使って投稿されています。「ブログの投稿だけしたい」という人は、特にプログラミングを学ぶ必要はありません。

知識としてWordPressのことを知っておくと便利ですが、WordPressの無料テーマや有料テーマを使ってブログ投稿に専念しましょう。

ブログを自作すると、

  • 投稿画面のスタイル
  • トップページのレイアウト
  • バナーリンクやカードリンクの形

などデザインを自由に組めるので魅力的です。

ホームページを運用するために必要な知識

ホームページを作成するときに、最低限知っておいて欲しいことを紹介します。

  1. ドメイン
  2. サーバー
  3. コンテンツ

1. ドメイン

ドメインはホームページの住所です。

ドメインを販売しているサイトから購入することができます。

https://◯◯◯◯◯.com
https://◯◯◯◯◯.co.jp

といったサイト名を自分で決めることができます。

購入後にドメイン名を変更することはできないので、

  • 競合、似ているサイトはないか
  • 長く運用できそうな名前か
  • なるべく短く簡潔になっているか

の点を意識してドメインを取得するようにしましょう。

企業サイトだと「.co.jp」や「.com」のドメインが人気で、個人だと「.com」や「.org」のドメインが人気です。

2. サーバー

インターネットにホームページを公開するには、サーバーにHTMLファイルや画像を転送します。

月額契約や半年契約など、サーバー会社によって料金や契約プランが異なります

webサイトを運用するために、費用がどれくらいかかるかを把握しておきましょう。

XserverやConoHa WINGといったサーバーが使いやすくて人気です。

3. コンテンツ

せっかくホームページを公開しても、載せるページが少なかったり、更新が全然されていないとアクティブなサイトとして認知されにくいです。

企業サイトであれば、

  • 新商品について
  • スタッフインタビュー
  • 業務提携のこと
  • 活動報告

などを載せたりできます。個人サイトであれば、

  • 月1でブログを更新する
  • 日記のような雑記ブログを書く
  • プロフィールページをのせる

など、更新していることを示すために、公開後もサイト内のコンテンツを発信していきましょう。

ホームページを自作するときに覚えておきたい知識

レスポンシブwebデザイン

ホームページは

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

など、すべてのデバイスで見れるようにする必要があります。デバイスを横断しても見れるデザインのことを「レスポンシブwebデザイン」と呼びます。

ホームページを見るのは、お客やネットサーフィンをする人、課題を解決したい人などユーザーです。

ユーザーがどのデバイスから見ても正しくコンテンツが表示されるように、レスポンシブを意識しましょう。

例えば、「ブラウザ幅を狭めていくと、文字や画像がはみ出してしまう」など、気づかないところで表示崩れを起こしていることはありがちなミスです。

ユーザーのことを想ったときに、デザインに問題がないか確かめてみてください。

ホームページの運用はWordPressがおすすめ

長期的にホームページを運用するならWordPressサイトがおすすめです。

WordPress 使い方」などで検索すれば、WordPressについて解説している記事がかなりの数ヒットします。

サーバー契約とセットで、割引価格で購入できるWordPress有料テーマもあります。

ブログを始めたい人は、デザイン性が高くてSEO対策に強いテーマで、簡単に執筆作業をすることができます。

人気が高く、投稿機能も簡単に使えるので、こだわりが特にない人はWordPressでサイトを運用してみることをおすすめします。

まとめ:ホームページ制作は自作か他作がある

ホームページの制作方法や悩み別のおすすめ制作方法を紹介しました。

ホームページを作成したら、更新作業を少しずつでいいので行うようにしましょう。

© 2022 きぬおラボ All rights reserved.